ガラスコーティングは硬化系と繊維系のどちらが良いか

ガラスコーティングは、車を保護してくれるというメリットがあります。買ったばかりの車はピカピカな状態ですが、それでガラスコーティングを行っておけば、見た目を維持する事ができる訳です。ですから周囲の方々に対する印象を重視するなら、確かにガラスコーティングはおすすめと言えます。
ところで、実はガラスコーティングにも種類はあるのです。大きく分ければ、繊維系と硬化系という2種類になります。それぞれ違いはありますから、自分のニーズに合わせて選ぶのが良いでしょう。

車にボディコーティングをすると、ドライブも楽しくなり、洗車時も楽になりました。ボディコーティングの施工は絶対おすすめです。

まず繊維系には、ツヤに関するメリットがあります。やはり車に対しては、見た目の良さは求められる事は多いでしょう。見た目のかっこよさを高めたいドライバーも多いですが、その場合は繊維系がおすすめなのです。
確かに硬化系の車のツヤを高めてくれる効果はあります。しかしその度合いは、繊維系ほどではありません。
やはり車に対して独特の光沢がある方が、見た目が良いと高く評価される事も多いものです。ですから光沢感を重視しているなら、基本的には繊維系にしておく方が良いでしょう。
繊維系のメリットは、他にもあります。そもそも車に対しては、雨水という脅威があります。雨水が車に当り続けてしまいますと、独特の模様が生じてしまう事もよくあるのです。それで車の見た目が悪くなってしまう事も、決して珍しくありません。
それで繊維系というのは、雨水をブロックしてくれる力がとても大きいのです。硬化系にも雨水を防ぐ力はありますが、やはり繊維系ほどでは無いのです。
ですから車の見た目と撥水性を重視するなら、確かに繊維系の方がおすすめではあります。ところがカーコーティングに対して求められるのは、そういう要素だけではありません。例えば洗浄に関する問題は、軽視できないでしょう。
そもそもガラスコーティングを行いますと、洗浄しやすくなる事だけは確実です。何せコーティングを行う事で、水洗いだけで車の汚れを十分に落とせるようになります。
ただ、それもガラスコーティングによって程度の違いはあるのです。基本的に硬化系の方が、繊維系よりは洗浄の労力は小さくなる傾向があります。ですから普段の洗浄をできるだけ楽にしたいと思うなら、繊維系よりも硬化系を選んでおく方が良いでしょう。
それだけではありません。一番肝心の保護効果に関する違いもあるのです。
確かに繊維系も、車に対する汚れなどを防いでくれる力は、それなりに強いです。また車の塗装部分に対して、傷などが付くのを防いでくれる力もあります。
ですがその力は、硬化系ほどでは無いのです。そして人によっては、車に対するダメージはできるだけ防ぎたいと思う事もあるでしょう。そういう時には、繊維系というよりも硬化系がおすすめと言えます。

ボディコーティングを施工するなら、ガラスコーティングがおススメです。ガラスコーティングは撥水性、親水性のコーティングがあるので車にあったコーティングを選びましょう。

また手間に関するメリットも、それぞれ異なるのです。そもそもカーコーティングとは言っても、それぞれ寿命に関する違いがある事だけは間違いありません。一旦施工を行っても、カーコーティングによってはすぐに落ちてしまう事もあります。寿命があまり長くないからです。。
それでガラスコーティングというのは、全般的に寿命は長めな傾向はあります。その中でも硬化系は、かなり寿命は長めになっている訳です。少なくとも繊維系と比べれば、それなりに長持ちしてくれる傾向はあるのです。
そして寿命が長いという事は、それだけメンテナンスの頻度も少なくなるでしょう。やはり寿命が短くれば何回もメンテナンスをする必要もありますが、硬化系はそれほどの頻度でもありません。
こういった点を考慮すると、やはりツヤと雨水を重視するなら繊維系が良いでしょう。それ以外のメンテナンスや保護効果などを重要視するなら、硬化系がおすすめと言えます。

 

 

 

PR|女性向けエステ.com健康マニアによる無病ライフお家の見直ししま専科クレジットカードの即日発行じゃけん生命保険の選び方生命保険の口コミ.COM工務店向け集客ノウハウ|全身脱毛副業ランキングGetMoney|JALカード貯蓄SEOアクセスアップ相互リンク集英語上達の秘訣英語上達の秘訣住宅リフォーム総合情報マッサージのリアル口コミ.com|看護師 転職|海外バイナリーオプション|看護師求人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です